外壁塗装の平米単価を理解しよう!

query_builder 2024/05/13 塗り替え

この記事では外壁塗装の平米単価について明確に理解するための情報を提供します。

外壁塗装にかかるコストを抑えるためには、塗装面積と単価を知ることが重要です。

この記事で詳しく解説します。

静岡市外壁・屋根塗装相談窓口
ロゴ
お客様一人ひとりが、快適で安全な暮らしを実現できるように、事前調査や丁寧なヒアリングを通じて、お客様それぞれの要望や悩み、譲許に合わせた外壁塗装や内装リフォームを静岡市で提案しております。
静岡市外壁・屋根塗装相談窓口
住所:

〒424-0037

静岡県静岡市清水区袖師町1107

電話番号:
0120-905-195

外壁塗装とは

最初に外壁塗装とは何かについて説明します。

この基本的な知識があると、次の項目がより理解しやすくなります。

外壁塗装の目的

外壁塗装の目的は、家の保護と美観の維持です。

外壁は、風雨や紫外線、汚れなどの外部要因から家を守る役割を果たしています。


しかし、長年にわたる経年劣化や気候の変化により、外壁はダメージを受けてしまいます。

その結果、家の建物自体にも影響が出る可能性があります。

外壁塗装は、そのようなダメージを修復し、外部要因から家を保護するために行われます。

塗装によって外壁を保護することで、建物の寿命を延ばし、耐久性を向上させることができます。

また、外壁の美観を維持するためにも外壁塗装は欠かせません。

外壁は外観上も非常に重要な要素です。

外壁がきれいで美しい状態であれば、家全体の印象も良くなります。

逆に、劣化した外壁や剥がれた塗装があると、家の印象は悪くなります。

外壁塗装は、この美観を保つためにも重要な役割を果たします。

また、外壁塗装を行うことで、日射熱を抑える効果も期待できます。

塗装には断熱効果があり、夏場の高温を軽減し、冷房費の節約にもつながります。

さらに、外壁塗装は防カビや防藻の効果もあり、健康にも配慮した取り組みと言えます。

外壁塗装の目的は、家を保護し、美観を維持することです。

家の耐久性や見た目の印象を向上させるためにも、定期的な外壁塗装は欠かせません。

外壁塗装の頻度

一般的に外壁塗装の頻度は、10〜15年ごとに行われることが推奨されています。

ただし、外壁の塗装頻度は、使用する塗料や環境条件によっても異なる場合があります。

まず、外壁塗装の塗料には耐久性の違いがあります。

耐用年数が長く、劣化が進みにくい塗料を使用する場合は、塗装の頻度を延ばすことができます。

一方で、耐久性の低い塗料を使用する場合は、より頻繁な塗装が必要となります。

また、環境条件も外壁塗装の頻度に影響を与えます。

例えば、海岸部や山間部など、風や塩害、紫外線などの影響を受けやすい地域では、塗装の頻度が多くなる傾向があります。

また、気候や季節によっても外壁の劣化速度は異なるため、塗装の頻度も変わることがあります。

さらに、外壁の状態によっても塗装の頻度が異なることがあります。

劣化が進んでいる、剥がれやひび割れがあるなど、外壁に問題がある場合は、頻繁な塗装が必要となるでしょう。

逆に、しっかりとメンテナンスされていて、外壁の状態が良好であれば、塗装の頻度を延ばすことができるかもしれません。

外壁塗装の頻度は個別の建物や状況によって異なりますが、一般的には10〜15年ごとの塗装が推奨されます。

ただし、塗料や環境条件、外壁の状態などによっても変動するため、定期的な外壁の点検や専門業者のアドバイスを受けることが重要です。

適切なタイミングでの外壁塗装を行うことで、家の保護と美観の維持をしっかりと行えます。

外壁塗装の費用

外壁塗装の費用には主に工事費と材料費が含まれます。ここではそれぞれについて説明します。

塗料のコスト

外壁塗装における費用の一部を占めるのが、塗料のコストです。

塗料のコストは、その種類と品質、そして使用する量によって変動します。

まず、塗料の種類によってコストは異なります。

外壁塗装に使用される主な塗料には、シリコン樹脂塗料、アクリル樹脂塗料、ウレタン樹脂塗料などがあります。

それぞれの塗料には特性や効果が異なるため、コストも異なります。

一般的に、シリコン樹脂塗料は高価で耐久性に優れており、アクリル樹脂塗料は中価格で汚れに強いといった特徴があります。

次に、塗料の品質もコストに影響します。高品質な塗料は、耐久性や防水性に優れており、美観を長期間にわたり維持することができます。

一方で、低品質な塗料は劣化が早く、塗装の頻度が高くなる傾向があります。

品質の高さに応じて価格も上がるため、塗料のコストも異なることがあります。

さらに、塗装面積に応じて使用する塗料の量も変わるため、コストに影響を与えます。

広い面積を塗装する場合は、より多くの塗料が必要となり、その分コストも増えます。

塗装面積は、建物の外壁の広さや塗装する部位によって異なるため、塗料のコストもそのままに変動します。

外壁塗装における塗料のコストは、種類と品質、使用する量によって変動します。

適切な塗料を選ぶことで、耐久性や美観を重視しながらコストを抑えることができます。

塗料の選択は専門業者と相談し、予算や希望する効果に合わせて決めることが重要です。

工事費の算出

外壁塗装における費用のもう一つの要素が、工事費です。

工事費は、塗装する面積、塗装する階数、塗装作業の複雑さなどによって異なります。

まず、塗装する面積が工事費に与える影響は大きいです。

広い面積を塗装するほど、塗料や作業にかかる時間・労力も増えます。

そのため、面積が広いほど工事費も高くなる傾向があります。

建物の外壁の広さに合わせて、工事費を算出する必要があります。

次に、塗装する階数も工事費に影響を与えます。一般的には、建物の階数が多いほど工事費も高くなります。

高所での作業や足場の設置など、安全対策や作業の複雑さが増すためです。

また、上階ほど足場の組み立てや塗料の運搬が困難になることもあります。

階数も考慮しながら、工事費を見積もる必要があります。

さらに、塗装作業の複雑さも工事費に影響を与えます。

例えば、窓やドア、屋根などの特殊な箇所の塗装が必要な場合、作業の技量や時間が増えるため、工事費も高くなるでしょう。

また、外壁の状態が悪く、下地処理や補修が必要な場合も、作業の難易度が上がり、工事費も増えることがあります。

外壁塗装の工事費は、塗装する面積や階数、作業の複雑さによって異なります。

正確な工事費を算出するためには、専門業者に見積もりを依頼することが重要です。

複数の業者から見積もりを比較し、適切な費用感を把握することで、予算を立てる上でも役立ちます。

平米単価を理解する

平米単価を理解することで、総コストを把握しやすくなります。

ここでは具体的な算出方法を説明します。

平米単価の算出方法

平米単価とは、外壁塗装の総コストを塗装する総面積で割った値のことを指します。

平米単価を算出することで、単位面積あたりの費用を把握することができます。

まず、平米単価の算出方法を具体的に説明します。

まず、外壁塗装の見積もりを取得し、工事費と材料費の合計金額を確認します。

次に、塗装する総面積を計測します。総面積は、塗装する全ての外壁の横幅と高さをそれぞれ計算し、合計します。

そして、工事費と材料費の合計金額を総面積で割ることで、平米単価を算出することができます。

例えば、工事費と材料費の合計金額が100万円で、塗装する総面積が100平米だった場合、平米単価は100万円 ÷ 100平米 = 1万円/平米となります。

平米単価を算出することで、単位面積あたりの費用を明確に把握することができます。

これにより、外壁塗装の見積もり内容を比較したり、予算を立てたりする際に役立ちます。

また、平米単価は工事費の一部なので、他の要素と併せて考慮することが重要です。

ただし、平米単価はあくまで参考値であり、各業者や地域によって異なることがあります。

そのため、複数の業者から見積もりを取り、平米単価だけでなく、全体的な見積もり内容や業者の信頼性などを総合的に判断することが重要です。

平米単価の見積もり例

平米単価の算出方法を説明したところで、実際の見積もり例もご紹介しましょう。

以下に、ある建物の外壁塗装の平米単価の見積もり例を示します。

建物の外壁の総面積は150平米とし、工事費と材料費の合計金額が200万円となっている場合を考えます。

これに基づいて、平米単価を算出してみましょう。

まず、工事費と材料費の合計金額が200万円であるため、総面積150平米で割ります。

200万円 ÷ 150平米 = 1万3333円/平米となります。この場合、外壁塗装の平米単価は1万3333円となることが分かります。

この見積もり例をもとに、単位面積あたりの費用を把握することができます。

また、この単価を他の見積もりと比較することで、異なる業者や材料の価格、工事内容などを評価することができます。

ただし、見積もりには様々な要素が関与するため、単純に平米単価のみで業者選びをするのは適切ではありません。

塗料の品質や耐久性、業者の信頼性や施工実績、保証内容などを総合的に判断することが重要です。

信頼できる外壁塗装の専門業者に相談し、詳細な見積もりやアドバイスを受けることが大切です。

平米単価の見積もり例を通じて、外壁塗装の単位面積あたりの費用を理解することが重要です。

見積もり内容を比較し、予算に応じた適切な業者との契約を行うことで、満足のいく外壁塗装を実現することができます。

平米単価に影響を及ぼす要素

平米単価に影響を与える要素を理解することで、塗装の費用を抑えるための考え方が得られます。

塗料の種類

外壁塗装には、様々な種類の塗料が使用されます。

塗料の種類によって、外壁の耐久性や見た目の美しさに影響があります。

以下に代表的な塗料の種類をいくつか紹介します。

まず、シリコン樹脂塗料は高い耐候性や耐久性を持ち、外壁を長期間保護する効果があります。

高い耐候性によって、風雨や紫外線からのダメージを防ぐことができます。

また、シリコン樹脂塗料は耐久年数が長いため、塗り替えの頻度を減らすことができます。ただし、その高い性能には一定の価格が付随します。

次に、アクリル樹脂塗料は優れた汚れに対する耐久性が特徴です。

外壁につく汚れやカビ、藻などに強く、美観を長期間にわたり保つことができます。

また、アクリル樹脂塗料は比較的低価格であり、耐久性とコストパフォーマンスのバランスが取れています。

ただし、耐久性がシリコン樹脂塗料に比べるとやや劣ることもあります。

さらに、ウレタン樹脂塗料は非常に良好な耐久性と耐候性を持ち、外壁の保護に効果的です。

また、ウレタン樹脂塗料は美しい光沢感を持ち、外壁を高級感ある仕上がりにすることができます。

その一方で、ウレタン樹脂塗料は他の塗料に比べて価格が高く、塗装の際には注意が必要です。

これらの塗料は、それぞれ独自の特性を持っています。

外壁塗装を行う際には、外壁の状態や希望する効果、予算などを考慮し、適切な塗料を選ぶことが重要です。

専門業者と相談しながら、塗料の選択を行いましょう。

外壁塗装に使用される塗料の種類には、シリコン樹脂塗料、アクリル樹脂塗料、ウレタン樹脂塗料などがあります。

それぞれの塗料には特性と価格の違いがあり、外壁の耐久性や美観に影響を与えます。

作業の複雑さ

外壁塗装の作業の複雑さによって、塗装の費用や工期が変動することがあります。

作業の複雑さは、塗装する箇所や塗装方法、建物の形状などによって異なります。

まず、塗装する箇所が複雑な場合は、作業の難易度が上がります。

例えば、細かな装飾や窓枠、ベランダの柵など、塗装が困難な部分がある場合は、慎重な作業と時間が必要となります。

これに伴い、作業の複雑さが増し、工事費も高くなるでしょう。

また、建物の形状や高さによっても作業の複雑さが変わります。

屋根や高い位置の外壁を塗装する場合、足場や高所作業が必要となります。

高所での塗装作業は、安全対策や専門的な技術を要するため、工賃が高くなることがあります。

また、特殊な作業手法や機材が必要な場合も、作業の複雑さとコストに影響を与えることがあります。

さらに、外壁の状態や下地の処理によっても作業の複雑さが変わります。

塗装前に剥がれた塗料やひび割れ、腐食などの問題がある場合、それらを適切に処理する必要があります。

下地処理が複雑で時間がかかる場合や、追加の修繕作業が必要な場合は、作業の複雑さと工事費が増加するでしょう。

外壁塗装の作業の複雑さは様々な要素によって左右されます。

塗装する箇所の複雑さや建物の形状、下地処理の必要性などを考慮しながら、作業の難易度と費用を見積もります。

専門の業者に相談し、施工可能性や費用について細かく説明を受けることが重要です。

適切な作業の複雑さを見極めることで、外壁塗装の計画をスムーズに進めることができます。

適正な平米単価の判断方法

適正な平米単価を判断する方法を知ることは、コストオーバーを避ける上で重要です。

相場情報の確認

外壁塗装の価格を適正に判断するためには、相場情報を確認することが重要です。

相場情報を知ることで、適正な価格帯を把握し、業者からの見積もりを適切に評価することができます。

まず、インターネットを活用して外壁塗装の相場情報を収集しましょう。

ウェブサイトや掲示板などで、他の人々の外壁塗装にかかった費用や経験談を確認することができます。

これによって、一般的な価格帯や費用相場を把握することができます。

また、近隣の建物や住宅を見て参考にすることも有効です。

同じような建物の外壁塗装にかかった費用や業者の選択について、他の人々から話を聞くことができます。

これによって、地域における相場情報を把握することができます。

さらに、専門業者に相談することもおすすめです。

専門業者は外壁塗装に関する豊富な経験や知識を持っています。

業者に見積もりを依頼し、他の業者と比較することで、価格や内容についての相場情報を得ることができます。

ただし、単純に一番安い業者を選ぶのではなく、信頼性や施工実績、塗料の品質なども考慮しましょう。

相場情報を確認することで、外壁塗装における適正な価格帯を把握することができます。

しかし、相場は常に変動するため、複数の情報源を参考にすることが重要です。

自身の予算や希望に合わせた適切な価格を見極めるために、相場情報を念頭に置いて見積もり比較や業者選びを行いましょう。

見積もりの複数社比較

外壁塗装を依頼する際には、複数の業者から見積もりを取ることが重要です。

見積もりの複数社比較を行うことで、価格や内容、信頼性などを総合的に判断することができます。

まず、複数の業者に見積もりの依頼をしましょう。

インターネットや口コミ、知人の紹介などを通じて、複数の業者を選定します。

業者には現地調査をしてもらい、具体的な見積もりをもらうことが重要です。

見積もりの際には、希望する作業内容や使用する塗料などを明示し、同じ条件での見積もりを依頼しましょう。

得られた複数の見積もりを比較する際には、単に価格だけを重視するのではなく、以下のポイントにも注目しましょう。

一つ目は、工事内容です。見積もりには作業の内容が明記されているはずです。

塗装の段取りや下地処理について、丁寧に説明されているか確認しましょう。

また、塗装の厚さや塗装回数、使用する塗料の種類なども重要な要素です。

二つ目は、使用する塗料です。塗料の品質やブランド、耐久性などを比較しましょう。

塗料の違いによって、耐久性や美観に差が生じることがあります。

長期的な視点で塗装の効果を考えることも大切です。

三つ目は、業者の信頼性です。

業者の実績や評判、保証内容などを調査しましょう。

過去の施工事例やお客様の声を確認することで、業者の信頼性を判断することができます。

最終的には、価格だけでなく、工事内容、使用する塗料、業者の信頼性を総合的に判断して適切な業者を選択しましょう。

複数の見積もりを比較することで、予算に合った最適な外壁塗装を実現することができます。

平米単価が高いと感じたら

もし見積もりで平米単価が高いと感じた場合の対処法を学びましょう。

見積もりの仕様確認

見積もりを受けた後、外壁塗装の工事を依頼する前に、見積もりの仕様を確認することが重要です。

見積もりの仕様確認によって、必要な作業や使用する塗料、工事の内容などが明確になります。

以下に、見積もりの仕様確認のポイントをご紹介します。

まず、見積もりには外壁塗装の具体的な工事内容が明記されているはずです。

外壁の下地処理や塗装の段取り、使用する塗料の種類や塗装回数などが記載されています。

これらの内容を細かく確認しましょう。

外壁の状態に合わせた適切な下地処理や、耐久性や美観を考慮した塗装の仕様が示されているかを確認し、満足のいく仕事が行われるかを確かめましょう。

また、使用する塗料についても注意が必要です。

見積もりには塗料の種類やメーカーが記載されているはずです。

塗料の品質や耐久性、使用する塗料の量などを確認しましょう。

適切な塗料が使用されることで、外壁の保護や見た目の美しさが長期間にわたって保たれます。

さらに、保証内容についても確認しましょう。

見積もりには工事の保証期間や保証内容が記載されているはずです。

工事後のアフターサービスや、塗装の劣化や剥がれなどに対する対応が明記されているか確認しましょう。

適切な保証が付いていることで、安心して外壁塗装を依頼することができます。

見積もりの仕様確認は、外壁塗装の工事のクオリティや満足度を高めるために重要です。

工事内容や使用する塗料、保証内容などを細かく確認し、納得のいく仕様での工事を行いましょう。

また、疑問点や不明な点があれば業者に質問することも大切です。

信頼できる業者とのコミュニケーションを通じて、スムーズな外壁塗装を実現しましょう。

交渉の余地の有無

見積もりの仕様確認を終えた後、もし見積もりの金額が予算を超えている場合、交渉の余地があるかどうかを確認しましょう。

交渉の余地があれば、予算内での工事を実現することができるかもしれません。

まず、業者とのコミュニケーションを大切にしましょう。

もし見積もりの内容に疑問点や要望がある場合は、業者に対して遠慮せずに質問しましょう。

]工事内容や使用する塗料の選択肢、保証内容などの要素を話し合い、予算内での工事を実現するための対策を協議しましょう。

また、他の業者からの見積もりとの比較も行うことが重要です。

もし他の業者から同様の工事の見積もりがある場合、価格や仕様の違いについて業者と話し合いましょう。

他の業者の見積もりを持ち込むことで、競争意識が働き、業者との交渉の余地が生まれることもあります。

交渉を行う際には、相手の立場や考えも理解しましょう。

予算を抑えたいという要望を伝えながらも、業者との信頼関係を損なわないようにしましょう。

互いの意見を尊重し、妥協点を見つけることが大切です。

ただし、交渉が必ずしも成功するとは限りません。

業者の事情や工事の内容によっては、価格の変更や条件の調整が難しい場合もあります。

その場合は、他の適切な選択肢を探すことも検討しましょう。

見積もりの金額が予算を超えている場合には、業者との交渉の余地を確認しましょう。

コミュニケーションを重視し、他の見積もりや要望を持ち出すことで、予算内での工事を実現する可能性が広がります。

ただし、頑なな姿勢にならずに相手の意見も尊重することが、円滑な交渉を進めるポイントとなります。

まとめ

この記事では外壁塗装の平米単価について詳しく説明しました。

最後にそのポイントをまとめます。

外壁塗装の平米単価の理解

外壁塗装の平米単価を理解することは、コストを正確に把握し、予算を確保するために非常に重要です。

平米単価によって、単位面積あたりの費用を把握することができます。

平米単価は、塗装する総面積を総コストで割ることで算出されます。

この単位面積あたりの費用を知ることで、見積もりの料金が適正なのかを判断することができます。

例えば、総コストが200万円で、塗装する総面積が100平米だった場合、平米単価は200万円 ÷ 100平米 = 2万円/平米となります。

この計算結果から、1平米あたりの塗装費用が2万円であることが分かります。

平米単価の理解によって、単位面積あたりの費用を確認することができます。

これにより、見積もりの料金が相場に対して高すぎるのか、逆に安すぎるのかを把握することができます。

ただし、平米単価だけでなく、他の要素も考慮することが重要です。

塗料の種類や品質、業者の信頼性や実績、アフターサービスなども注目すべきポイントです。

単純に安い価格だけを追求するのではなく、品質や信頼性を兼ね備えたバランスの良い外壁塗装を選ぶことが大切です。

外壁塗装の平米単価を理解することで、予算を管理し、適正な価格を把握することができます。

平米単価に加え、他の要素も総合的に判断し、信頼できる業者との契約を行いましょう。

費用対効果の高い外壁塗装を実現するために、迷わずに専門業者と相談することをおすすめします。

適正な価格の判断

適正な価格を判断することは、外壁塗装を依頼する上で非常に重要です。

適正な価格を見極めるためには、以下のポイントを考慮する必要があります。

まず、相場情報を調査しましょう。

インターネットや口コミ、近隣の建物などから相場を確認することができます。

相場情報を知ることで、一般的な価格帯や費用相場を把握することができます。

これによって、適正な価格を見積もりと比較しやすくなります。

次に、複数の業者から見積もりを取りましょう。

複数の業者から見積もりを依頼することで、価格や内容の違いを比較することができます。

ただし、価格だけでなく、工事内容や塗料の品質、業者の信頼性なども総合的に判断することが重要です。

最も安い価格を選ぶのではなく、バランスの取れた価格と品質を重視しましょう。

また、業者との十分なコミュニケーションも重要です。

見積もりを受けた後に不明な点や質問がある場合は、業者に対して遠慮せずに質問しましょう。

業者とのコミュニケーションを通じて、価格の裏付けや工事内容の説明を受けることができます。

また、業者の対応や誠実さも判断材料となります。

さらに、適正な価格を判断する際には、安易に最安値に惑わされないことも重要です。

業者の信頼性や実績、塗料の品質などを十分に考慮しましょう。

最も安い価格だけでなく、品質や信頼性を含めたコストパフォーマンスを考えることが大切です。

適正な価格を判断するためには、相場情報の把握、複数の業者からの見積もり比較、業者とのコミュニケーションが欠かせません。

慎重な判断を行いながら、予算に応じた適切な価格で高品質な外壁塗装を実現しましょう。

信頼できる業者との良好な関係を築きながら、安心して工事を進めることが大切です。

最終的なアドバイス

最後に、外壁塗装の選択に当たってのアドバイスをします。

研究の重要性

外壁塗装を依頼する際には、事前の研究が重要です。

研究を行うことで、信頼性の高い業者や適切な価格、高品質な塗料などを選ぶことができます。

まず、業者の研究が必要です。

業者の実績や評判、施工事例などを調べることで、信頼性や技術力を把握することができます。

インターネットの口コミや評価サイト、業者のホームページなどを活用して、多角的に情報収集しましょう。

次に、塗料に関する研究もおすすめです。

外壁塗装に使用される塗料の種類や特性、メーカーの信頼性などを確認しましょう。

塗料の品質や耐久性、施工効果などについて十分な知識を持つことで、適切な塗料を選ぶことができます。

さらに、外壁塗装に関する基礎知識や施工方法についても研究が必要です。

外壁の状態や塗料の効果、下地処理の重要性などについて理解を深めることで、業者とのコミュニケーションもスムーズに進めることができます。

研究を行うことで、より的確な判断ができます。

安易な選択ではなく、情報に基づいた選択をすることが重要です。

信頼できる業者と契約し、高品質な塗料を使用して、長期間にわたって美しい外壁を保ちましょう。

外壁塗装における研究は、トラブルを未然に防ぐためにも重要です。

情報収集や専門家の意見を参考にしながら、時間をかけて研究を行いましょう。

的確な選択を行うことで、満足度の高い外壁塗装を実現することができます。

見積もりの注意点

外壁塗装の見積もりを受ける際には、いくつかの注意点に留意する必要があります。

以下に、見積もりの注意点をいくつかご紹介します。

まず、見積もりの詳細さに注目しましょう。

見積もりには工事内容や使用する塗料、工期などが具体的に明記されているはずです。

これらの項目が具体的でわかりやすいかを確認しましょう。

また、施工する外壁の面積や塗装の厚さ、下地処理なども明示されていることが重要です。

見積もりが具体的であれば、後々のトラブルを防ぐことができます。

次に、見積もりの金額についても注意が必要です。

見積もりの金額は適正かどうかを比較するために重要ですが、ただ安いだけの業者を選ぶのは危険です。

価格の安さだけに惑わされず、工事内容や塗料の品質、業者の信頼性なども総合的に判断しましょう。

適正な価格で高品質な塗装を提供する業者を選ぶことが大切です。

さらに、見積もりに含まれる保証内容にも注意が必要です。

工事後のアフターサービスや塗装の劣化に対する対応が明記されているかを確認しましょう。

また、保証期間や保証範囲も明示されていることを確認しましょう。

適切な保証が付いていることで、安心して工事を依頼することができます。

最後に、納得いかない点や疑問がある場合は、業者に対して質問をすることも大切です。

見積もりの内容を細かく確認し、納得のいく説明を得ることができます。

信頼できる業者は、わかりやすく丁寧に説明してくれるはずです。

見積もりの注意点に留意することで、外壁塗装の工事をスムーズに進めることができます。

詳細な見積もりや価格、保証内容についての確認を怠らず、信頼できる業者との良好な関係を築きましょう。

満足のいく外壁塗装を実現するために、注意深く慎重な選択を行いましょう。

静岡市外壁・屋根塗装相談窓口
ロゴ
お客様一人ひとりが、快適で安全な暮らしを実現できるように、事前調査や丁寧なヒアリングを通じて、お客様それぞれの要望や悩み、譲許に合わせた外壁塗装や内装リフォームを静岡市で提案しております。
静岡市外壁・屋根塗装相談窓口

〒424-0037

静岡県静岡市清水区袖師町1107

NEW

CATEGORY

ARCHIVE

TAG