外壁塗装の足場設置について詳しく解説

query_builder 2024/04/16 マンション アパート

外壁塗装を考えるうえで重要な足場についての解説記事です。

足場設置の必要性、工事費用、トラブル回避のための注意点等、外壁塗装を検討している方にとっては欠かせない情報を詳しくお届けします。

静岡市外壁・屋根塗装相談窓口
ロゴ
お客様一人ひとりが、快適で安全な暮らしを実現できるように、事前調査や丁寧なヒアリングを通じて、お客様それぞれの要望や悩み、譲許に合わせた外壁塗装や内装リフォームを静岡市で提案しております。
静岡市外壁・屋根塗装相談窓口
住所:

〒424-0037

静岡県静岡市清水区袖師町1107

電話番号:
0120-905-195

外壁塗装と足場の関連性

外壁塗装と足場の必要性を理解するため、まずはその関連性について詳しく見ていきましょう。

外壁塗装の重要性

外壁塗装の重要性は、建物の美観を保つだけでなく、建物を保護するためにも欠かせません。

外壁は常に外部の気候条件や汚れにさらされており、時間とともに劣化してしまいます。

そうした劣化が進むと、建物へのダメージが増え、修復費用が高騰する可能性があります。

また、外壁の劣化は水漏れや結露の原因にもなります。

外壁が十分に保護されていないと、雨水や湿気が建物内部に侵入し、カビや腐食の原因となる可能性があります。

これによって、住宅環境の悪化や健康への影響が生じることもあります。

外壁塗装によって、建物を保護し、美観を維持することができます。

適切な塗料や施工方法を選ぶことで、効果的な防水・防腐効果を得ることができます。

また、外壁塗装は耐久性も重視されるため、長期間にわたって効果を発揮します。

外壁塗装を行うためには、しっかりとした作業が必要です。

そのためには、足場設置が欠かせません。足場があることで、安全な作業環境を確保することができます。

高所での作業では、バランスを崩しての事故や落下の危険性がありますが、足場があれば安定した状態で作業できます。

外壁塗装の重要性は、建物の美観を保つだけでなく、建物自体を長持ちさせるためにも必要です。

劣化した外壁は建物全体にさまざまな被害をもたらす可能性があるため、適切なタイミングでの外壁塗装を検討することが重要です。

安全な作業環境を確保するためにも、足場設置は欠かせません。

適切な施工や耐久性のある塗料を使い、建物の保護と美観を守りましょう。

足場設置の役割

足場設置は外壁塗装工事において非常に重要な役割を果たします。

まず、安全な作業環境を提供するために欠かせません。高所での作業は危険が伴いますが、足場があれば安定した姿勢で作業することができます。

また、足場には手すりや安全ネットなどの設備を取り付けることもでき、作業員の安全を確保する効果もあります。

足場設置は塗装作業の質を保つためにも重要です。

塗装には緻密な作業が求められますが、足場があることで作業員は安定した姿勢で作業することができ、均一な塗装を行うことができます。

足場がない場合、バランスを取りながらの作業は困難であり、塗装のムラや塗り残しなどが生じる可能性があります。

さらに、足場設置は周囲への影響を最小限に抑える役割も担っています。

足場があることで、作業現場が適切に封鎖され、周囲の通行人や近隣住民への安全配慮が行われます。


また、足場は外壁塗装において発生する廃材や塗料の飛散を防ぐ役割も果たします。

これにより、周囲の環境への負荷を軽減し、作業現場をクリーンな状態に保つことができます。

足場設置には費用がかかることもありますが、その費用は外壁塗装の品質と安全を確保するためには必要な投資です。

足場を設置せずに作業を行うと、効率が低下したり、安全上の問題が生じたりする可能性があります。

また、足場がない状態での作業は法的な問題にも繋がる可能性があるため、専門業者に依頼して適切な足場設置を行うことが重要です。

外壁塗装においては、足場設置が外壁の保護や作業の安全性を確保するために欠かせない要素です。

安全な作業環境を提供し、作業員の安全を守ることで質の高い塗装作業を実現するだけでなく、周囲への影響も最小限に抑えることができます。

費用がかかることもありますが、その投資は外壁塗装工事の成功には必要不可欠です。

足場設置のコストとその影響

外壁塗装の費用に大きく影響を与えるのが、足場設置費用です。

このセクションではその詳細について解説します。

足場設置の相場

足場設置の相場は、物件の大きさや作業環境によって異なることがあります。

一般的には、外壁塗装の費用において、足場設置費用は大きな割合を占めます。

まず、物件の大きさが足場設置費用に影響を与えます。

建物の延べ面積や階数が大きいほど、足場を設置するために必要な資材や人件費が増えるため、費用も高くなります。


また、周辺環境や立地条件も考慮されます。

例えば、狭い道路や建物密集地域では、足場を組み立てるためのスペースに制約があるため、作業の難易度が上がり費用も高くなります。

また、作業環境によっても足場設置費用は変動します。

例えば、高所作業や特殊な形状の建物では、足場の組み立てや解体に時間と手間がかかるため、費用が増える傾向にあります。

さらに、作業現場のアクセスのしやすさや安全性を確保するための特殊な設備や工夫も費用に影響を与える要素です。

一般に足場設置の相場は、外壁塗装の費用の20%〜40%程度と言われています。

ただし、これはあくまで一般的な目安であり、個々の物件の状況によって異なることがあります。

したがって、正確な相場を知るためには、複数の業者から見積もりを取ることが重要です。

足場設置の相場を知ることは、予算計画を立てる上で重要です。

費用の相場を把握し、予算内で工事を行うことができれば、外壁塗装の計画がスムーズに進められます。

また、相場を知ることで、適正な価格での見積もりを選ぶことができます。

外壁塗装においては、足場設置費用が大きな負担となることがありますが、建物の美観や保護のためには欠かせない費用です。

物件の大きさや作業環境によって異なる相場を把握し、複数の業者から見積もりを比較することで、適切な価格での足場設置を行うことが重要です。

費用節約のポイント

足場設置費用は外壁塗装の費用において大きな割合を占めるため、費用節約のポイントを押さえることは重要です。

ここでは、足場設置費用を節約するためのポイントをいくつかご紹介します。

まず、複数の業者から見積もりを取ることが重要です。

複数の業者に見積もりを依頼することで、競争原理が働き、費用の抑制や適正価格の確認が可能となります。

ただし、安い見積もりばかりを選ぶのではなく、業者の信頼性や実績も考慮に入れることが大切です。

また、季節を考慮することも費用節約のポイントです。

外壁塗装の需要はピーク時とオフシーズンとで変動します。ピーク時は業者の予約が混み合い、価格も高騰しやすいですが、オフシーズンは需要が低下するため、価格を抑えることができる場合があります。

季節によって見積もりを取ることで、費用を節約することができます。

さらに、必要な足場の面積を正確に把握することも費用節約のポイントです。

余分な足場を設置すると、不要な費用がかさむことになります。

施工する範囲や作業内容を事前に確認し、必要な範囲だけの足場を設置するように指示することで、費用を削減することができます。

また、足場の費用を抑えるためには、賃貸足場を活用することも一つの方法です。

賃貸足場は必要な期間だけ借りることができ、費用を抑えることができます。

ただし、業者の信頼性や安全性を確認することは重要です。

足場設置費用を抑えるためのポイントを押さえることで、外壁塗装にかかる総費用を削減することができます。

複数の業者から見積もりを取り、信頼性や実績を考慮した上で適切な価格で契約することが重要です。

また、季節や必要な範囲を考慮し、賃貸足場を活用するなど、慎重に計画することで費用節約が可能です。

足場設置時の注意点とトラブル防止策

足場設置は安全作業のために重要ですが、トラブルを避けるための注意点があります。

足場設置のリスク

足場設置にはいくつかのリスクが存在します。

これらのリスクを理解し、対策を講じることが重要です。

まず、足場設置中に建物へのダメージリスクがあります。

足場を組み立てたり解体したりする際に、建物の外壁に傷や損傷を与える可能性があります。

特に重い資材を使用する場合や、作業が行われる高所でのリスクが高まります。

このリスクを最小限にするためには、専門の職人が適切な施工技術を用いて作業を行うことが重要です。

また、足場設置中の作業員の安全性にもリスクが伴います。

足場からの落下やバランスを崩すなどの作業員の事故は、重傷や死亡につながる可能性があります。

このリスクを軽減するためには、正しい作業手順や安全装置の使用を徹底し、作業員の安全を確保することが重要です。

さらに、足場の安全性にもリスクがあります。

劣化した足場の場合、組み立てや解体中に倒壊や崩壊の危険性があります。


また、強風や地震などの自然災害によっても足場が損傷し、安全性が脅かされる可能性があります。

このリスクを軽減するためには、適切なメンテナンスや点検を定期的に行い、安全基準を満たす足場を使用することが重要です。

足場設置にはリスクが伴いますが、適切な対策を講じることでリスクを最小限に抑えることができます。

建物へのダメージリスクを減らすためには、専門の職人による適切な施工を行いましょう。

作業員の安全性を確保するためには、正確な作業手順や安全装置の使用を徹底しましょう。

また、足場の安全性を確保するためには、定期的な点検やメンテナンスを行い、安全基準を満たす足場を使用しましょう。

トラブル防止策

外壁塗装の足場設置にはトラブルが発生する可能性がありますが、適切な対策を講じることでこれらのトラブルを予防することができます。

まず、トラブルの一つとして通行人や周囲の人々への影響が考えられます。

足場設置中は、通行人や近隣住民の安全に配慮しなければなりません。


足場が作業現場を適切に封鎖していることや、安全ネットや防護フェンスなどの設備が適切に設置されていることが重要です。

また、作業場所の安全管理や周知活動も行い、周囲の人々に対する情報提供や安全意識の向上に努めましょう。

次に、トラブルの一つとして作業員の安全確保が考えられます。

足場設置作業中は高所作業が多く、作業員の落下やバランスを崩す事故のリスクがあります。


作業員に対して適切な安全教育や装備の提供を行い、正しい作業手順や安全な作業環境を確保しましょう。

また、作業員同士のコミュニケーションや連携も重要であり、事故やトラブルの予防につながります。

さらに、トラブルの一つとして足場の安全性に関わる問題が考えられます。

足場は風や地震などの外部要因によって損傷を受ける可能性があります。


適切な点検やメンテナンスを定期的に実施し、安全基準を満たす状態を維持することが重要です。

また、強風や悪天候時には作業を中断するなど、安全を最優先に考えましょう。

足場設置におけるトラブルを予防するためには、通行人や周囲の人々への配慮、作業員の安全確保、足場の安全性の維持が重要です。

適切な安全対策を講じることで、作業現場の安全確保と周囲へのトラブル防止につなげましょう。

足場設置のプロフェッショナル

足場設置は専門的な技術が求められます。ここでは、その専門家たちに焦点を当ててみましょう。

職人の役割

足場設置では、職人が重要な役割を果たします。

彼らは専門的な知識と技術を持ち、安全な足場を構築するために貢献します。

まず、職人の役割の一つは、足場を正確かつ効率的に組み立てることです。

彼らは設計図や施工計画を基に、安定した足場を構築します。

足場の材料や接合方法、バランスの取り方などについて深い知識を持ち、要件に応じた最適な組み立てを行います。

職人はまた、足場の安全性を確保するためにも重要です。

彼らは作業現場での危険やリスクを把握し、適切な安全対策を講じます。


例えば、安全ネットや手すり、防護フェンスの設置などを行い、作業員や周囲の人々の安全を確保します。

また、作業員への安全教育や指導も担当し、事故やトラブルの予防に努めます。

さらに、職人は足場のメンテナンスや点検も行います。

足場は風や雨などの自然要因にさらされ、劣化や損傷のリスクがあります。

彼らは定期的に点検を行い、必要な修理や補修を行うことで、足場の安全性を維持します。

また、施工のクオリティを向上させるためにも、施工後の点検やメンテナンスに努めます。

職人の役割は、外壁塗装工事全体の安全性と品質を担保するために重要です。

彼らは専門的な技術を持ち、経験を活かして作業を行います。安定した足場を組み立てることで作業員の安全を確保し、足場の定期的な点検やメンテナンスによって安全性を維持します。

職人の貢献により、外壁塗装工事はスムーズかつ安全に進められます。

足場設置の認定資格

足場設置の職人は、特定の認定資格を持つことが求められる場合があります。

これらの認定資格は、適切な足場設置の技術と安全性を保証するために設けられています。

日本では、足場設置技能士という国家資格が存在します。

足場設置技能士は、建築基準法に基づく足場の安全基準に沿って設置を行う能力を持つことが求められます。

この資格は、設置技術や安全管理、法令などに関する知識と技術を持つことが要求され、試験に合格することで取得することができます。

また、足場業界ではそれぞれの業界団体や機関が独自の認定資格を設けています。

例えば、日本足場建設産業協会(JASA)が実施している足場技能者認定制度があります。

この制度では、足場設置技能の実務経験や技術力を評価し、合格者に認定を行っています。

このような認定資格を持つことは、足場設置の専門知識と技術の証明になります。

認定資格を持つ職人は、適切な施工技術や安全管理を行うことができるため、信頼性が高いと言えます。

また、施工現場でのトラブルや事故のリスクを軽減することができます。

足場設置の認定資格を持つ職人は、作業の専門性と安全性を保証する役割を果たします。

彼らは国家資格や業界団体の認定を受けた証であり、その専門知識と技術を活かして足場設置を行います。

これにより、安全性を確保し、高品質な施工を実現します。

建物の外壁塗装を検討する際には、認定資格を持つ職人に依頼することが安心できる選択肢と言えます。

DIY足場設置の可能性

専門家に任せるのではなく、DIYで足場設置を行う場合にはどのようなことが重要になるのでしょうか。

DIY足場設置のメリット・デメリット

DIYでの足場設置は、一部の人にとって魅力的な選択肢となるかもしれませんが、そのメリットとデメリットを理解することが重要です。

まず、DIY足場設置のメリットの一つは、費用の節約です。

専門業者に依頼する場合と比べて、労力と時間をかけることで費用を削減することができます。

また、DIY足場設置によって、自身で作業を行うことで達成感や自己満足感を得ることができるかもしれません。

しかしながら、DIY足場設置のデメリットも存在します。

足場設置は高所での作業となるため、重大な安全リスクが伴います。

DIY経験がない場合や足場設置の知識が不足している場合は、安全上の問題や事故のリスクが高まる可能性があります。

安全対策や適切な施工方法を熟知していない場合には、専門業者への依頼がより安全で適切な選択となるでしょう。

また、DIY足場設置には時間と努力が必要です。

足場の組み立てや解体、安全対策の確認など、複雑で緻密な作業が要求されます。

DIY足場設置には専門的な知識と技術が求められるため、作業に慣れていない場合は時間や労力を多く要する可能性があります。

DIY足場設置のメリットとデメリットを考えると、自身の技術や経験、安全意識による判断が重要です。

安全面や作業効率を考慮し、足場設置の難易度やリスクを正しく判断することが必要です。

専門的な知識や技術が必要な場合や安全が懸念される場合には、プロの業者への依頼を検討しましょう。


一方で、DIYの経験があり安全に足場設置を行えると自信があれば、費用節約と自己達成感を得るためにDIY足場設置を選択することも一つの手段となりえます。

必要な材料と作業

DIY足場設置を行う場合には、必要な材料や作業手順について理解することが重要です。

まず、DIY足場設置に必要な材料としては、足場パイプや足場フレーム、足場板、足場金具などがあります。

これらの材料は、耐久性や安全性を考慮して適切に選ぶ必要があります。また、安全ネットや手すり、安全帯などの安全装置も必要です。

作業手順としては、以下のようなステップがあります。

まずは足場の計画と設計を行い、作業範囲や必要な材料の数を把握します。

次に、足場パイプやフレームを組み立て、安定した構造を作ります。

足場板を取り付けて足場の床面を作り、必要な高さに調節します。

安全ネットや手すりを設置し、作業員の安全を確保します。最後に、足場の点検を行い、安全性を確認します。

作業中は、安全対策に十分に注意することが重要です。

高所作業では、安全帯やヘルメットの着用、作業員同士の連絡やコミュニケーションの確保などが必要です。

また、天候や風の状況にも注意し、安定した作業環境を確保することが重要です。

DIY足場設置には専門知識や技術が必要です。

作業前に必要な材料と作業手順を理解し、安全対策を徹底しましょう。

また、自身の能力や経験に合わせて作業を進めることも重要です。

DIY足場設置は費用節約や自己満足感を得ることができる一方で、作業の高度さやリスクも伴うため、慎重な判断が求められます。

外壁塗装の種類と足場設置

外壁塗装の種類によって、足場設置の必要性や方法は変わるかもしれません。それについて調べてみましょう。

外壁塗装の種類

外壁塗装にはさまざまな種類があります。

建物の外観や要求される効果に応じて、適切な塗料や施工方法を選ぶことが重要です。

一般的な外壁塗装の種類としては、以下のようなものがあります。

まず、ウォーターベース塗料は水を溶剤として使用する塗料です。

有機溶剤を使わないため、環境への負荷が少なく、臭いも少ない特徴があります。

耐候性や耐久性も高く、色ムラや剥がれのリスクも低いと言われています。

次に、シリコン塗料は耐候性に優れ、長期間にわたって色あせや汚れに強い特徴があります。

また、耐久性が高いためメンテナンスの頻度が少なくて済みます。

シリコン塗料は防カビ効果もあるため、湿気の多い環境やカビの発生が心配な場所に適しています。

さらに、エラストマー塗料は塗膜が伸縮する性質を持っており、クラック(ひび割れ)の発生を防ぎます。

また、強い耐候性や耐候性を持ち、水の浸透を防いで建物を保護する効果があります。

エラストマー塗料は特に木造建築に適しており、劣化した外壁を効果的に補修することができます。

外壁塗装の選択は、建物の性質や環境条件、予算などを考慮して行う必要があります。

外壁の劣化状況や目的に応じて、適した塗料や施工方法を選ぶことが重要です.

専門の業者と相談しながら、最適な外壁塗装の種類を選んでいきましょう。

塗装種別の足場設置

外壁塗装の種類によって、足場設置の必要性や方法が異なります。

ここでは、一般的な塗装種別に焦点を当てて、それぞれの足場設置について見ていきましょう。

まず、ウォーターベース塗料の場合、一般的には比較的軽量な塗料であるため、特に低層階や比較的低い高さの建物では、足場を設置せずに塗装作業を行うことができる場合があります。

ただし、高所や複雑な形状の建物では、安全な作業環境を確保するために足場の設置が必要となることがあります。

シリコン塗料の場合、耐候性や耐久性が高いため、長期間にわたって効果を保ちます。

一般的には中層や高層の建物に適しており、外壁全体に均一に塗装できるため、足場設置が必要となることがあります。

特に屋根付近や高所や複雑な形状の箇所では、足場の設置が安全で効果的な作業を実現するために不可欠です。

エラストマー塗料の場合、塗膜の伸縮性があり、クラックの発生を防ぐ特徴があります。

この特性から、木造建築や劣化が進んでいる外壁の補修に適しています。

一般的には足場設置が必要な場合が多く、特に高所やクラックの発生している箇所には安全な作業環境を確保するために、適切な足場設置が求められます。

外壁塗装の種類によって、足場設置の必要性と方法が異なります。

建物の高さや形状、劣化具合を考慮しながら、適切な塗装種別に合わせた足場設置を慎重に検討しましょう。

安全な作業環境を確保し、効果的な外壁塗装を実現するためには、足場設置の重要性を理解し、専門業者の助言を受けることも大切です。

屋根塗装と足場設置

外壁塗装だけでなく、屋根塗装を行う場合も足場設置は重要となります。

それについて詳しく見ていきましょう。

屋根塗装の必要性

屋根塗装は、建物を保護するために重要な役割を果たします。

屋根は常に外部環境にさらされ、雨や紫外線、風などの影響を受けます。

そのため、劣化や破損が進行し、建物自体へのダメージが起きる可能性があります。

屋根塗装にはいくつかのメリットがあります。

まず、屋根塗装は防水効果があります。

塗料の塗膜によって屋根の表面を保護することで、雨水や水分の浸透を防ぎます。これにより、屋根の劣化や水漏れへのリスクを低減することができます。

また、屋根塗装は耐候性を向上させます。塗料には紫外線吸収剤や耐候性添加剤が含まれており、屋根を日光や気候変動から守ります。

これにより、色あせや劣化が進むのを防ぎ、屋根の美観を長期間保つことができます。

さらに、屋根塗装は断熱効果をもたらすこともあります。

塗料の適切な選択と施工を行うことで、屋根の断熱効果を向上させることができます。

これにより、夏の暑さや冬の寒さから建物を保護し、エネルギー効率を向上させることができます。

屋根塗装は、建物を保護するだけでなく、見た目の美しさや経済的なメリットももたらします。

劣化した屋根は建物全体の印象を損ない、また修理やリフォームの費用も増加させる可能性があります。

定期的な屋根塗装によって、建物の寿命を延ばし、美観を保ち、維持費用を抑えることができます。

屋根塗装の必要性を理解し、適切な塗料や施工技術を用いて作業を行うことは、建物の保護や将来の修理費用の削減につながります。

定期的な屋根塗装を行うことで、建物を長く美しく保つことができるでしょう。

屋根塗装用の足場設置

屋根塗装を行う際には、足場設置が必要となることがあります。

屋根は高所での作業となるため、安定した作業環境と安全性を確保するために足場が必要です。

屋根塗装用の足場設置にはいくつかの方法があります。

まず、一般的な方法として、屋根に直接足場を設置する方法があります。

この場合、足場は屋根面に密着し、作業員が屋根上で安全に作業できるようになります。

足場を組む際には、屋根の形状や勾配によって適切に設計し、安定性を確保する必要があります。

また、一部のケースでは外部に足場を設置する場合もあります。

屋根の形状やアクセスのしやすさによって異なりますが、外部の足場は屋根へのアクセスや足場の安定性を確保する役割を果たします。

これにより、高所での作業や大規模な塗装作業が行いやすくなります。

屋根塗装の足場設置には、安全性を最優先に考える必要があります。

作業員の安全を確保するために、安全ネットや手すりの設置を検討しましょう。

また、足場の組み立てや解体には専門知識や技術が必要なため、専門業者に依頼することが適切です。

屋根塗装用の足場設置は、安全かつ効果的な作業を行うために重要です。

適切な足場設置によって、屋根塗装の作業環境や安全性を確保し、効果的な塗装作業を行いましょう。

専門業者に相談し、建物の形状や作業条件に合わせた適切な足場設置を行うことが大切です。

最後に

これまでに学んだことを統合し、塗装リフォームを成功させるための結論を出します。

足場設置の重要性再認識

足場設置の重要性を再認識することは、安全な作業環境と高品質な施工を実現するために不可欠です。

足場が正しく設置されていることで、作業員の安全を確保し、作業効率を向上させることができます。


また、足場は外壁塗装の品質を保証するためにも重要であり、塗料の均一な塗布や作業範囲の確保に寄与します。

安全性と品質の面で足場設置の重要性を認識し、専門業者の協力を得て適切な足場設置を行いましょう。

これにより、建物の美観を保ちながら耐久性を向上させ、安全で快適な住環境を実現することができます。

成功へのステップ

外壁塗装と足場設置の成功には、以下のステップが重要です。

まず、計画段階から始めましょう。

外壁塗装のニーズや目的を明確にし、足場設置の必要性や範囲を確認します。

建物の状態や作業条件を評価し、適切な施工方法や材料を選びましょう。

次に、信頼できる専門業者を選びます。

経験と実績を持つ業者や適切な認定資格を持つ職人に依頼することで、施工の品質や安全性が保証されます。

複数の見積もりを比較し、信頼性や技術力、費用などを総合的に考慮して選びましょう。

工事実施時には、適切な足場設置を行います。

足場の安全性と安定性を確保するために、専門業者による施工や適切な安全装置の使用を確認しましょう。

また、作業現場の安全管理や周囲への配慮も忘れずに行いましょう。

塗装作業では、良質な塗料や施工技術を選び、均一な塗布や適切な乾燥時間を確保します。

適正な塗布量や塗装層の均一性に注意し、美観や耐久性を向上させましょう。

工事完了後には、最終確認とアフターサービスが重要です。

施工の品質を点検し、不備や問題があれば速やかに修正や対応を行います。

長期的なメンテナンス計画を立て、塗装の効果を持続させるためのケアを行いましょう。

成功へのステップを踏むことで、外壁塗装と足場設置において高品質な施工と安全な作業環境を実現することができます。

計画段階から信頼できる業者を選び、適切な足場設置と施工を行い、最終確認とアフターケアを欠かさず行うことが成功への鍵となります。

建物の外観の美しさや耐久性を守り、快適な住環境を実現しましょう。

静岡市外壁・屋根塗装相談窓口
ロゴ
お客様一人ひとりが、快適で安全な暮らしを実現できるように、事前調査や丁寧なヒアリングを通じて、お客様それぞれの要望や悩み、譲許に合わせた外壁塗装や内装リフォームを静岡市で提案しております。
静岡市外壁・屋根塗装相談窓口

〒424-0037

静岡県静岡市清水区袖師町1107

NEW

CATEGORY

ARCHIVE

TAG